本読みました!「デザイン入門教室[特別講義]」

Web・プログラミング学習

最近、いろいろなことに手を広げすぎて、全然Web学習ができていない。
でも、一応本は読んでいます。あまりにも知識不足なので、本当に基礎の知識をつけるべく本を読んでいるところです。バナーを作ったりするにも名刺を作ったりするにも、何となく全て感覚でやっているので、これじゃー流石にダメだなと思い読んでいた本です。

本の目次はこんな感じでした。

本の目次
  • チャプター1
    デザインをはじめる前に

    はじめに知っておくべき重要ポイント

  • チャプター2
    レイアウトの基本ルール

    紙面イメージを決定する配置の基礎知識

  • チャプター3
    写真と画像

    写真の選び方と使い方

  • チャプター4
    配色の基本

    色には人の心を動かす力がある

  • チャプター5
    文字と書体

    読みやすく、人をひきつける文字の使い方

  • チャプター6
    文書のデザイン

    読みやすい文章制作の基礎知識

  • チャプター7
    インフォグラフィック

    情報の図式化、グラフ・表の作り方

  • チャプター8
    実践演習

デザインの入門者、必読本!

本の表紙に「センス、経験一切不要!」と書いてあるのですが、本当にその通りです。
わたしセンスないから。。。といった理由で読まないのはとても勿体無い本です。
私はデザイン経験ゼロなので、この本を読んでいて目から鱗という箇所が多くありました!感覚的なものではなく、きちんと論理的に解説・説明してあるので、センスが本当に不要!これから、デザインする仕事をすることになるのであれば、是非購入して、いつでも見直せるように手元においておきたいと思える本でした。(今回も図書館で借りた本)

以前、「ノンデザイナーズ・ブック」(こちらもとても著名な本です。)を読んだのですが、こちらよりも感覚的な印象で、頭で理解したいタイプの私には少し難しいという印象でした。

細かいところまで、じっくり読みたい本です。

本当に細部まで、重要なことが書いてあるので、まだ1回ではたくさん見落としがあると思います。そう言ったこともあり、手元に置いておきたいと思える本です。

著者の「坂本 伸二」さんの新刊?

本の内容がとてもいい!と思ったので、この本の著者坂本伸二さん、ほかに本を出してないのかなーと見て見たら、アマゾンで新刊の予約を受け付けているようでした。気になりますね。この本、内容もとても良かったのですが、文章が丁寧でとても読みやすい、頭に入ってきやすいなーと感じました。文章が丁寧だと読者にこんなに伝わるんだなーとも思いました。

まとめ

「デザイン入門教室[特別講義]」を読むべきかと検討中の方、デザイン学校を出ましたーとかデザインにある程度知識がありますという方は別として、読んで得することはあっても損することは全くない良本です!とってもおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました